三仏堂

日光山 総本堂 三仏堂(さんぶつどう)
【重要文化財 世界遺産】

sanfutsu輪王寺の本堂は日光山随一、東日本では最も大きな木造の建物で、平安時代に創建された、全国でも数少ない天台密教形式のお堂です。現在の建物は、正保2(1645)年、徳川三代将軍「家光」公によって建て替えられました。

三仏堂の前には、推定樹齢500年という、天然記念物に指定されている「金剛桜」(こんごうざくら)が植えられています。

sanbutsu_honzon三仏堂の内陣には、日光三社権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三社権現本地仏(薬師如来・阿弥陀如来・釈迦如来)という掛仏の、2組の三尊仏がご本尊さまとしてお祀りされています。

「三仏堂」 保存修理のお知らせとお願い

 三仏堂は、約50年ぶりの大修理が始まり、一部が仮囲いで覆われたり、通行場所が制限されております。

 皆様のお詣りには出来るだけ支障のない様に進めておりますが、何かとご不便をお掛けすることもあろうかと存じます。なにとぞご容赦の程、お願い申し上げます。

日光山・三仏堂に 期間限定の新名所・天空回廊につきまして
詳しくはこちらをご覧ください。