湯元・温泉寺

温泉寺(おんせんじ)

温泉寺「日光山温泉寺」(にっこうざんおんせんじ)は、世界遺産「日光山輪王寺」(にっこうざんりんのうじ)の別院です。その歴史は大変古く、日光を開山された「勝道上人」(しょうどうしょうにん)が、延暦7年(788年)にこの温泉を発見し、病苦を救う薬師瑠璃光如来様をお祀りしたのが始まりです。

その後薬師信仰のもと、庶民の療養延年の名湯として知られるようになり、江戸時代には、輪王寺宮の直轄寺院としてその名が徐々に広まりました。また当時は、この霊場を管理していた中禅寺上人(ちゅうぜんじしょうにん)と、日光奉行の許可を受けなければ、温泉に入ることができなかったと言われております。

現在では、どなた様でも参篭して入浴ができます。全国でも大変珍しい、温泉に入ることのできるお寺でございます。奥日光にお越しの際は、温泉寺のお湯につかり、お薬師様の「健康増進・延命長寿」のご利益を頂いてください。

御本尊「薬師瑠璃光如来」
実は昔、温泉寺は薬師堂という名前で別の場所にありました。1966年(昭和41年)9月、台風の土砂崩れで直径5メートルの大岩が落下、薬師堂が潰れました。ところが如来像は、その落下した大岩の上に、無傷で鎮座しておりました。この奇瑞に、地元の人々は益々信仰篤くして、お堂の再建を発願し、1973年(昭和48年)源泉の近くの現在地に温泉寺として建立されました。すごい御本尊様なんですよ。
GA62S
薬師湯
薬師湯です。こちらは女湯ですが、男湯もほぼ同じ形、大きさです。泉質は、含硫黄‐カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉。泉温は71.4℃。加温なし、加水有、完全かけ流しの温泉です。お湯の温度がかなり熱いので、加水をしなければ入れません。ですが、大変成分の濃い温泉ですので、効能は十分感じることができると存じます。源泉の色は薄いエメラルドグリーンですが、加水すると乳白色に変わります。
薬師湯
薬師講
例年8月8日のお薬師様の縁日に、薬師講という薬師如来様の大きな法要がございます。温泉寺本堂にて、輪王寺御門主お導師のもと、大法要が厳修されます。その後、場所を湯の湖畔に移し、採燈大護摩供が厳修されます。
薬師講

日帰り参篭(入浴休憩)

おおよそ下記の期間、参篭できます。
積雪など、その年の気候条件により多少の変動がありますので、
詳しくは必ず事前にお問い合せ下さい。

期 間 4月中旬~11月下旬
受 付 9時~16時頃まで
参篭時間 1時間
志納金 大人 500円/小人(4歳~小学生) 300円
お問い合わせ 0288-55-0013(中禅寺・立木観音)

※ 誠に恐縮ながら、都合により【宿泊】は、
当面お受けできないこととなりました。何卒ご了承下さい。

年中行事

8月8日
(午後2時~)
薬師講大祭・採灯大護摩供
湯の湖畔で、山伏によって野天大護摩が焚かれます
1月下旬
(最終日曜日)
温泉寺節分大祭